葬儀

香典を代理で持ってってもらうのは失礼?表書きの書き方は?手紙も添える?

社会人になると冠婚葬祭に出席する機会が多くなりますね。 最近はあまり形にこだわらない、という人も増えてはいると思いますが社会人としての最低限のマナーは知っておいたほうが良いでしょう。 そこで今回は葬儀の香典を代理で持って行ってもらうのはNGなのか、代理でお願いする際の表書きや裏書きはどうすればいいのか、手紙などを一緒に添えるべきなのかについてお伝えしていきます。 いざというときに焦らないようにしっかり覚えておくと良いですよ。ぜひ参考にしてみてください。
葬儀

葬儀に参列できない時香典はどうする?後日渡す際の表書きや渡し方は?

葬儀などには、いろんなマナーがありますがそんなに詳しく知っているという人は、少ないのではないでしょうか。 大人になってから知らないというのは、ちょっと避けたいところですが、実際よくある事ではないので、きちんと知っているかと言われると自信がなかったりしませんか? そこで、今回は葬儀に参列できない場合の香典はどうするのか。後日渡す場合の表書きの書き方や渡し方などについてご紹介します。 マナー違反をしない様にしっかりと学んでおきましょう。
葬儀

喪服は夏用っていつから良いの?半袖でもいい?ワンピースのみもOK?

最近は葬儀の時の喪服などには、あまりこだわらなくなってきたりしていますよね。 夏の葬儀なんて特に、ラフな感じでも参列できますよね。 そこで今回は、夏の葬儀に参列する時に困らない様に、夏の喪服はいつから着て良いのか、喪服は半袖でも良いのか、夏ならワンピースだけでも良いのか、夏の葬儀でも涼しくいられる方法について調べてみました。マナーを守って、きちんと葬儀に参列しましょう。
葬儀

喪服に夏用と冬用の違いは?夏用しかない場合は?夏冬兼用できるものは?

喪服は女性の場合、男性よりもかなり細やかな部分にも配慮が必要になりますよね。 そもそも、喪服というのは遺族が喪に服しているという事を表すために、着用するのです。参列者は故人の死を悼み、哀悼の意と遺族への敬意を表すための礼服となります。服装の乱れは心の乱れとなります。 そこで、喪服についてきちんと知っておきましょう。喪服の夏用と冬用の違いはあるのか。夏用しかない場合はどうするのか。夏冬兼用できるものもあるのか。覚えておいて損はないです。 ぜひ参考にしてみてください。
葬儀

喪服って夏は男性はワイシャツだけでもOK?織柄でも良い?色は?

お葬式などは、急に知らせが来るものですよね。夏場であってもそれは同じですよね。そんな時でも慌てない為に、今回はお葬式での服装についてご紹介していきますね。。 今回は中でも、男性のワイシャツに特化してみました。夏の喪服はワイシャツだけで...