お盆

神道のお盆の飾り方は?迎え火送り火は?お供えはどうする?

日本では仏教系の宗派の方が多いですが、みなさんは神道って知っていますか? 神道は神社を中心とした神々への信仰のことを言います。 日本人が生活する中で培われた民族宗教とも言われています。 昔の日本は特に自然との関わりの中で生活をしていました。 自然の力は人間に農耕や漁業などで恵みを与える一方で嵐や地震や雷などで猛威もふるっていました。 生命力なども神々の働きだと捉えて神社などを神さまが宿るところとして作られたと言われています。 そんな風にしてできた神道は現在でも故人の魂を御霊(みたま)と呼び、その家の守護神として子孫を守ってくれると言われています。 そんな神道を信仰している方々のお盆などはどのようにして迎えられるのかをご紹介します。
お別れの会

家族葬の後にお別れ会ってする?献花や香典って?喪主の挨拶は?

今は、大袈裟な葬儀を行うというよりは家族だけで故人の見送りをする「家族葬」が主流になりつつある時代です。 でも、故人に友人・知人が多かった場合、故人とのお別れをしたいという気持ちがある人が多いのも事実です。その場合は葬儀とは別でお別れの会をするというのが一般的になってきています。 では、家族葬の後には、必ずお別れ会をする必要があるのでしょうか。大切な人を失くしたばかりではそんな所まで気が回らないなんて事もありますものね。 そこで今回は家族葬の跡にお別れ会って必要なのか、お別れ会をした場合、献花や香典、喪主の挨拶はどうしたら良いのについてお伝えしていきます。 是非参考にしてみてください。
お墓

お墓を移すのは良くない?遺骨の引っ越しに魂抜きは必要?

事情ができて、今のお墓にお参りができなくなると、お墓の移動を考える人も多いですよね。 でも、別のお墓に遺骨を引っ越したりしても良いのでしょうか。お墓の引越しなんかできないでしょって思っている人も実は多いんですよ。ただ勝手に引越しますの一言で移動するわけにはいかず様々手続き等が必要になってきます。 又、「お墓を移すのは良くない」と聞きますが、なぜ良くないのでしょうか。引越すことが出来ても良くないって言われるとやっぱりちょっと行動しづらいですよね。 ここでは、「魂抜き」についても触れながら、遺骨やお墓の移動についてお話していきます。 ぜひ参考にしてみてください。
お墓

お墓の購入時期っていつが妥当?!流れと注意点を知りたい!

自分のお墓でも家族のお墓でも入る方にとっては一生に一度のお買い物ですよね。 でもお墓についてって知らないことが多いのではないでしょうか。もともとお墓があれば考える必要もないですしね。ただ、実際にお墓の購入が必要になったときに焦らなくてもいいように今のうちから考えておくのがおすすめですよ。 そんなお墓についての購入時期はいつがベストなのか、お墓の購入ってどんな流れでやるのか、購入の際の注意点についてご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください♪
葬儀

宗派が分からない時香典は?ご仏前とご霊前の違いは?お悔やみの言葉は?

突然の訃報で驚いてばかりもいられず、お通夜や葬儀の際には香典を用意したりしますよね。 でも宗派が分からない! 宗派ってその家や個人で違うし、意外とデリケートな問題だったりしますよね。 よく「御霊前」「御香典」「御香料」「御花料」と書かれているけどどれが正しいのか分からずに悩んでしまう方も多いですよね。 いざという時も困らない為に香典についての知識なども併せてご紹介しますね。
葬儀

香典を代理で持ってってもらうのは失礼?表書きの書き方は?手紙も添える?

社会人になると冠婚葬祭に出席する機会が多くなりますね。 最近はあまり形にこだわらない、という人も増えてはいると思いますが社会人としての最低限のマナーは知っておいたほうが良いでしょう。 そこで今回は葬儀の香典を代理で持って行ってもらうのはNGなのか、代理でお願いする際の表書きや裏書きはどうすればいいのか、手紙などを一緒に添えるべきなのかについてお伝えしていきます。 いざというときに焦らないようにしっかり覚えておくと良いですよ。ぜひ参考にしてみてください。
葬儀

葬儀に参列できない時香典はどうする?後日渡す際の表書きや渡し方は?

葬儀などには、いろんなマナーがありますがそんなに詳しく知っているという人は、少ないのではないでしょうか。 大人になってから知らないというのは、ちょっと避けたいところですが、実際よくある事ではないので、きちんと知っているかと言われると自信がなかったりしませんか? そこで、今回は葬儀に参列できない場合の香典はどうするのか。後日渡す場合の表書きの書き方や渡し方などについてご紹介します。 マナー違反をしない様にしっかりと学んでおきましょう。
葬儀

喪服は夏用っていつから良いの?半袖でもいい?ワンピースのみもOK?

最近は葬儀の時の喪服などには、あまりこだわらなくなってきたりしていますよね。 夏の葬儀なんて特に、ラフな感じでも参列できますよね。 そこで今回は、夏の葬儀に参列する時に困らない様に、夏の喪服はいつから着て良いのか、喪服は半袖でも良いのか、夏ならワンピースだけでも良いのか、夏の葬儀でも涼しくいられる方法について調べてみました。マナーを守って、きちんと葬儀に参列しましょう。
葬儀

喪服に夏用と冬用の違いは?夏用しかない場合は?夏冬兼用できるものは?

喪服は女性の場合、男性よりもかなり細やかな部分にも配慮が必要になりますよね。 そもそも、喪服というのは遺族が喪に服しているという事を表すために、着用するのです。参列者は故人の死を悼み、哀悼の意と遺族への敬意を表すための礼服となります。服装の乱れは心の乱れとなります。 そこで、喪服についてきちんと知っておきましょう。喪服の夏用と冬用の違いはあるのか。夏用しかない場合はどうするのか。夏冬兼用できるものもあるのか。覚えておいて損はないです。 ぜひ参考にしてみてください。
葬儀

喪服って夏は男性はワイシャツだけでもOK?織柄でも良い?色は?

お葬式などは、急に知らせが来るものですよね。夏場であってもそれは同じですよね。そんな時でも慌てない為に、今回はお葬式での服装についてご紹介していきますね。。 今回は中でも、男性のワイシャツに特化してみました。夏の喪服はワイシャツだけで...
タイトルとURLをコピーしました