妊婦が葬儀に出席するのはダメなの?鏡があればOK?靴はどうする?

葬儀

妊婦さんがお葬式に参列してはいけないという風習があるのはご存じでしょうか。

結構、地方に行くと今でも残っているようです。これは、何をもってして参列してはいけないという事なのか不思議ですよね。妊婦さんのためなのか、周りのためなのか。

そこで今回は、妊婦さんはなぜ葬儀に参列してはいけないのか。鏡があればOKとはどういう事か。妊婦さんの靴や服装などについて調べてみました。

スポンサーリンク

妊婦は葬儀出席を避けた方が良いって本当?なぜダメなの?

結論から言うと、妊婦さんがお葬式に参列することは何も問題はありません。

今の時代は、妊婦さん自身や周りの人達も「妊婦だから葬儀には参加しない」と考える人は少ないようです。
ただ、昔は「弔いのための場」の葬儀と「新たな命」は正反対になるとされて、地域や年代によっては妊婦さんが葬儀に参列する事を気にする方もいるようです。

そんな考えやいろんな迷信なども混ざり合い、妊婦さんは葬儀に参列しない方が良いとされてきました。

しかし、妊婦さんがお葬式に参列しない方が良いと言われるには、迷信だけではなく体調や環境面を考慮しての理由も多いようです。

身体の負担を減らす

最近は葬儀場でのお葬式が一般的ですが、昔は自宅でお葬式をする人が多かったので女性は手伝う事が当たり前でした。

その場に居たら何もしないわけにはいかないので、当然妊婦さんでもお手伝いをしなくてはいけなくなります。
そこで、妊婦さんを働かせないために言われたという説もあります。

精神的ストレスを減らす

お葬式に参列している時点で妊婦さんと故人が親しい関係であったという事になります。

葬儀となると、強い悲しみに襲われてしまいます。
妊娠中はホルモンが変化しやすく、情緒不安定になりやすいです。

そんな中、親しい故人とのお別れは精神的ストレスが大きくなって葬儀後も強いショック状態から抜け出せなくなることが懸念されて言われていたという説もあります。

胎児の感染症対策

お葬式にはいろんな弔問客が来ます。

換気が十分されていない部屋で長時間過ごさなければいけない場合、風邪やインフルエンザなど感染症にかかる恐れがあります。
免疫力のない胎児が感染してしまったら大変なのでそれを心配してという説もあります。

こうやって考えていくと、葬儀には参列せずにお通夜だけに行くというのが良いかもしれません。

お通夜はお葬式に比べれば、短かい時間で帰る事ができます。
お焼香をするだけでも失礼には当たりません。

本当は、葬儀とお通夜の両方に参列しなくてはいけない間柄でも妊娠中であることを言えば、お通夜のみの弔問とさせてもらえるかもしれません。

ただし、お葬式を欠席する場合は、先方に弔意を示すのがマナーです。
弔電を打ったり、お香典を送ったりするか、先方の都合の良い日に改めて手を合わせに行くのも良い方法です。

妊婦が葬儀に出席するなら鏡をってどういうこと?

妊婦さんが葬儀に参列すると、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすという言い伝えがあります。

そこで、その悪影響を防ぐためにも鏡が必要となってくるのです。

お葬式には、故人の霊だけでなくいろいろな霊が集まってしまうといわれています。
その霊がお腹にいる赤ちゃんに悪い影響をもたらすと言われています。

それを防ぐ魔除けとして、妊婦さんが葬儀に参列する場合は、お腹の上に鏡を外側に向けて入れておくと悪い霊から赤ちゃんを守ってくれるとされています。

怨念を持った地縛霊は、自分が憑依できる肉体を探していると言われています。
また、急に亡くなってしまった人は、自分が死んだ事に気づかず誰にも相手にしてもらえず寂しくて、純真無垢で邪気のない存在の胎児を道連れにしてしまうとされています。

そんな邪気を跳ね返す役割として魔除けの意味も込めて、お腹に鏡を入れるのです。

ただし、これはあくまでも迷信です。
妊婦だからといって必ずお腹に鏡を入れて参列しなければならないという決まりはありません。

でも、もし何かあった時に「あの時に鏡を持っていたら」なんて後悔をするくらいなら、お腹に入れておいてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

妊婦が葬儀に出席するときは靴はどうする?

妊婦さんがお葬式に参列する場合の靴は、危なくないようにローヒールのパンプスが良いですね。

葬儀に参列する際のマナーとしては、3cm程度のヒールパンプスを履くことになっていますが、妊婦さんは履かなくても問題ありません。

足元は基本、黒のストッキングですが寒い時期の葬儀の場合は下半身が冷えるといけないので厚手の黒タイツでもかまいません。

夏場でも式場は冷房で冷えている可能性があるので、ひざ掛けなどを用意しておくと安心です。
柄物や派手な物はなるべく避けて下さい。

妊娠時のフォーマルウェアは?!

フォーマルウェアについてですが、マタニティーフォーマルを購入する場合は、黒のワンピースタイプがおすすめです。

お腹を締め付けないので身体にとっても安心です。
可能であれば、元々持っていたフォーマルウェアのジャケットも着ていくのが良いかもしれません。

迷信を心配して鏡を入れるため、サラシを巻いた場合でも窮屈にならずにすみます。

ワンピースではなくて、アンサンブルタイプでウエストゴムのスカートというタイプもありますが、妊娠中に着るとゴムが伸びてしまい産後には着られなくなるという事もあるようです。

また、いくらゴム素材だとしてもお腹が大きくなってきた妊婦さんにとっては、締め付けが窮屈に感じてしまい体調を悪くしてしまう恐れもあるようです。

ただ、妊娠期間は約10か月なので、マタニティ用を購入するのはもったいないという方もいると思います。
そんな人の為に、マタニティ用のフォーマルウェアのレンタルもあるようです。

次に使う機会があるのなら購入してしまうのも良いですが、あまりないようであればレンタルしてもいいですね。
その時の状況によって考えてみて下さい。

まとめ

確かに葬儀と妊婦さんて少し似合わないですね。大往生ならまだしも、未練を残して亡くなる方が殆どの中に身を置くのも精神的にもきついかもしれませんね。そんな時には、無理はせずにきちんと伝えれば問題はないですね。元気な赤ちゃんを産む事が一番大事ですからね。

しかし、葬儀とかになると風習や迷信て多くなりますね。
昔の人はいろんな事を考えてたんだと感心します。

スポンサーリンク

コメント