黒いスーツと喪服の違いって?礼服と兼用できる?どこで買うのが良いの?

葬儀

黒いスーツと喪服の違いって?礼服と兼用できる?どこで買うのが良いの?

身内や知人、仕事関係の方の突然の訃報など、急にお葬式に行かなければいけない状況は大人になるにつれ増えていきますね。

喪服を着て行くのは当然のマナーです。お葬式には必ず喪服は着るとわかっているけど、喪服についての詳しい知識を持っている人は少ないと思います。

そこで今回は、黒いスーツと喪服の違いや喪服と礼服の兼用はできるのか、喪服はどこで買うのがいいのかなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

黒いスーツと喪服の違いはどこ?

近くでまじまじと見ないかぎりは、喪服と一般的な黒いスーツは何が違うのかいまいち良くわからないですよね。

なので黒いベーシックなシンプルスーツを一着持っていれば、代用できるんじゃないかと考える人も多いと思います。

でも、喪服と一般的な黒いスーツは違う種類のスーツだと思った方がよさそうです。

最も大きな違いは、生地と色です。

喪服に使われている生地は、一般的なスーツに使われている黒い生地とは全く違う黒い生地で作られています。
光沢や柄はなく、真っ黒に見えるような漆黒の生地で作られています。

一方、普通の黒いスーツの場合はよく見るとストライプなどの柄が入っていたり、黒の中でも薄い黒の生地を使って仕立てられています。

普段着ているような黒いスーツは、単体で見れば黒に見えますが、喪服の人と並ぶと、若干グレーに近い色に見えてしまいます。

太陽の下だと尚更、黒色の薄さが目立ちます。
漆黒の黒い喪服を着ている人達が集まっているお葬式などでは、一般的な黒いスーツを着てる人が混ざると黒色の違いは一目瞭然です。

すると、喪服ではなく、ビジネススーツで来た事がバレてしまいます。
それだけ、黒の色合いや光沢などが違うスーツという事です。

社会人なら、一着くらいは礼服のブラックスーツを持っておくのが基本です。

喪服の種類

喪服と黒いスーツは違うものです。

そして、喪服は3つの種類と格式に分かれています。
場面によって着る喪服は変わってきます。

正喪服

喪服の中では、一番格の高い喪服となります。

主催者などか着用します。
葬儀、告別式、法事を主催する喪主、その配偶者、近親者などが着用します。

正喪服は、光沢感のない真っ黒な生地で仕立て上げたものが基本です。
男性の場合は、黒のモーニングコートが一般的です。

準喪服

正喪服の次の格にあたる喪服です。

喪主や親族も着用しますし、一般の参列者なども着用できます。
この準喪服が一般的な喪服として認識されている事が多いです。

男性の場合は、光沢感がない黒無地のスーツを着用します。
黒スーツでも、ビジネススーツでの代用はマナー違反ですのでお気をつけ下さい。

略喪服

3回目以降の法要などに一般の参列者が着用するもので、喪服の中では一番格が低いです。

急な訃報で駆けつけることになった時にも着用します。
仮通夜の時に準喪服を着ていたら、前もって喪服を準備していたという意味合いでとらえられてしまいますので、略喪服を着て行くのがマナーになります。

男性の場合は、派手な色合いは避けて無地で光沢感のないスーツが基本です。

略喪服は、正喪服や準喪服に比べたら決まりはあまりないですが、小物も黒色でまとめるなどしてなるべく悪目立ちしないような服装を心掛けて下さい。

一般的な黒いスーツでも代用はできますが、あくまで弔事なので生地や色合い、小物などには十分な配慮をして下さい。

喪服と礼服って兼用できるの?

フォーマルスーツを買おうと思った時に、喪服と礼服は黒いスーツだし一緒のもので大丈夫かと考える人も多いと思います。

しかし、同じフォーマルスーツだから使えると思いきや気をつけなければいけない点がいくつかあります。

喪服と礼服の違いって?!

喪服と礼服の違いとは、何があるのでしょうか。

まず、お葬式や法事で着用するのが喪服となります。
喪服は正喪服、準喪服、略喪服の3つに分けられています。

自分の立場やシーンなどで使い分けをするのがマナーとされています。

一方、礼服は冠婚葬祭で着るものを礼服と言います。

礼服は正礼装、準礼装、略礼装の3つに分かれていて、正礼装はモーニングや燕尾服。
準礼装は、ディレクターズスーツかタキシードを時間帯によって使い分けます。
略礼装が一般的なフォーマルスーツです。

喪服は礼服の略礼装に含まれているので、正礼装・準礼装を着用する必要が無ければ、兼用することはできます。

ただ注意しなくてはいけないのは、故人を弔うお葬式と結婚式では、マナーが違ってくるのできちんと学んだ上で兼用をして下さい。

お葬式にフォーマルスーツを着る時には、なるべく地味にしてタイピンやカフスはしないで下さい。
結婚式などのお祝いでフォーマルスーツを着る場合は、髪型や小物で華やかさが出るようにして下さい。

フォーマルスーツを兼用するのは問題はないですが、場合によってはあまり好ましく思われない場合もあります。

フォーマルスーツを着る場面をよく考えた上で正しいマナーで着用して下さい。

スポンサーリンク

喪服ってどこで買うのが良い?男性は?

喪服を買うならどこで買うのが一番良いのでしょうか。

喪服、礼服が買えるお店といえば、紳士服専門店のコナカやAOKI、青山が良く知られているところかと思います。
もちろんデパートなどでも購入出来ます。

また、今の時代はスーパーのイオンやユニクロ、しまむらなどでも安く購入できます。

どこで買うのが一番良いかと考えると、値段だけで選ぶならイオンやユニクロがおすすめです。

値段を気にせずに良い物が欲しいならデパートが良いですね。
いろんな物を比較しながら買いたいなら、コナカやAOKI、青山に行くのが良いですね。

質の良いスーツもアウトレットなどで売っている場合があるのでチェックしてみるのもいいかもしれません。
時間があるなら、いろんなお店を見て回るのが一番です。

喪服は、良し悪しがわかりやすい物なのであまりいいかげんな気持ちで買わない方が良いと思います。

ネットショップでも買う事は出来ますが、色や生地感がわからないので出来れば実店舗で物を確認してから買うのがおすすめです。

まとめ

礼服と喪服を兼用しても、スーツであればそこまで神経質にならなくてもいいのかもしれませんね。

それなりの値段のものを一着買って、大事に使っていればいざという時に悩まなくてすみそうですね。
お葬式や結婚式はマナーがいっぱいあって、覚えるだけで一苦労です。

なるべく恥はかかないように気をつけたいですね。

女性の喪服についてはこちらも見てみる。

スポンサーリンク

コメント