葬式にパールは必ず?真珠を付けないのは?喪服のアクセサリーのマナーとは?

葬儀

葬儀に参列する時には、服装には気を配らなければいけません。

バックや靴もそうですが、アクセサリーもきちんとしたものを身につけていかないと、浮いてしまう恐れがあります。喪服を着用した時にはアクセサリーを着けますが、パールが一番無難です。パールを付ける際にもマナーがあるので知らないと恥をかきますよね。

そこで今回は、お葬式の時には必ずパールを身に付けるものなのか。真珠を付けないで葬儀に参列するのはマナー違反なのか。喪服の時に付けるアクセサリーのマナーに関してなどご紹介します。

スポンサーリンク

葬式の時はパールは必ずつけるものなの?

葬儀に参列する際に、パールを必ず付けなければいけない事はありません。

むしろ、ノーアクセサリーが基本です。
喪服で身に付けられるアクセサリーは、結婚指輪だけです。

喪服で正装とされている和装の着物を着る時には、一切アクセサリーは付けないですよね。
それが、正式なマナーです。

かといって洋装の喪服だと、首元が空いているのでアクセサリーがないと少し寂しく感じてしまいます。

そこで登場するのが、パールのネックレスなんです。
パールのアクセサリーだったら、喪服の時でも身に付けても許される範囲です。

パールは「月の涙」と言われてダイヤの様に煌びやかな輝きをしないので、葬儀の場でも許されている所以です。

アクセサリーを一つ付けるだけでも身なりがきちんと見えます。身だしなみを整える意味でも、艶が無く輝きを放たないパールがベストです。

真珠の色

ホワイト、ブラック、ブラックに近いグレーがおすすめです。

真珠といえばホワイトをよく見かけますが、最近では様々な色の真珠があります。
ホワイト、ブラック、ブラックに近いグレー、それ意外の色だと装飾品の扱いになってくるので、葬儀に付けていくものとしてはあまり適さないです。

また、たまに形の悪い真珠もあるので、葬儀で身に付ける真珠を購入する時には、きれいな球型のものを買うように気をつけて下さい。

真珠のデザイン

ネックレスは一連、イヤリング又はピアスは一粒が決まりです。

ネックレスを選ぶ時には、中玉サイズの一連のネックレスを選んで下さい。
二連のネックレスは、不幸が重なるとされているのでマナー違反です。

また、真珠が一粒だけのネックレスが質素だと思い付ける人もいますが、これはマナー違反になります。
ピアスやイヤリングも中玉サイズの真珠を選んで下さい。

もちろん、揺れるタイプのピアスやイヤリングは葬儀の場には合わないので、付けてはいけません。

葬式に真珠をつけないのはダメ?

訃報の知らせからお通夜までの期間が短い時などは喪服も用意できない場合もあるので、真珠を付けて行かなければいけない決まりはないです。

訃報の知らせからお通夜までの期間の日にちが開いている場合は、洋装の喪服を着てくなら、身だしなみとしてアクセサリーに真珠も用意した方が良いですね。

時と場合によって変える必要がありますが、必ず真珠を付けなくてはいけないわけでもないので、そこまで気にしなくても問題ないです。

和装の場合

和装の喪服を着る場合は、アクセサリーを付けてしまうとマナー違反になってしまいます。

ネックレスはもちろんですが、ピアスやイヤリングなどの耳元のアクセサリーも付けてはいけません。
和装でアクセサリーを身に付けてしまうと、過度な装飾になるので周りから浮いてしまいます。

付けても良い装飾品は、結婚指輪のみです。
結構指輪もダイヤが一周あるようなものではなく、ハーフエタニティまでが許容範囲とされています。

洋装の場合

洋装での首元が寂しい時には、パールのネックレスが最も多いアクセサリーになります。

ただ、必ず身に付けなければならないというわけではないです。
葬儀に参列するための格好は、質素にして行った方が良いので、アクセサリーが無い方が良いのです。

しかし、周りが付けていると浮いてしまうので心配な時には、葬儀に参列する周りの人に確認して合わせた方が良いです。

確認ができないような場合は、アクセサリーをバッグへ入れて持っていっておいて参列している方達の格好などを見て、付けるかどうかを判断しても良いかもしれません。

スポンサーリンク

喪服の時のアクセサリーのマナーにはどんなものがある?

ネックレス

葬儀に参列する場合のアクセサリーは、ゴールドやシルバーダイヤなどの石が付いていて装飾された派手な物はマナー違反です。

葬儀の場では、輝きのあるアクセサリーはオシャレのために付けるものと見られてしまうので、故人を見送るために行く葬儀には必要ないですよね。
また、黒いアクセサリーでも珊瑚やオニキスなども止めておいた方が良いですね。

喪服に合わせるなら、真珠が無難ですが真珠でもダメな色もあるので、そこら辺には注意をした方が良いです。

真珠の珠が大きいネックレスや、大きな装飾が付いている派手なデザインも、葬儀の場には似つかわしくないので避けるようにして下さい。

必ず一連のネックレスが基本です。
葬儀の場では、控えめで品のあるものが良いですね。

耳飾り

真珠のネックレスを買う時に、イヤリングやピアスがセットで売っている場合が多いです。

なので、耳飾りも付けても良いかと思われがちですが、基本的にアクセサリーの許容範囲は結婚指輪か真珠などのネックレスのみとされています。

無難なのはネックレスだけですが、最近ではイヤリングやピアスでも、丸い真珠が一粒だけで金具はシルバーの質素なデザインなら、付けても大丈夫となっています。

もし、イヤリングやピアスを持つならシンプルなものを一つ持っていると、色々な場面で使う事ができるので便利ですよ。

ヘアアクセサリー

喪服を着る場合、髪が長い女性はまとめる必要があります。

まとめる為に使うヘアアクセサリーも、地味で目立たないものが良いです。
派手な装飾がないバレッタやシュシュ、クリップなどがおすすめです。

色はもちろん黒です。すっきりと清潔にまとめておけば好印象です。

まとめ

葬儀の場は、アクセサリーひとつ取ってもマナーがあるので気をつけなければいけませんね。

葬儀は故人を偲ぶ場所なので、オシャレをする必要はないですからね。
最低限の格好をして行き、故人に想いを馳せて、しっかりと見送ってあげたいですね。

スポンサーリンク

コメント