喪服って夏は男性はワイシャツだけでもOK?織柄でも良い?色は?

葬儀

お葬式などは、急に知らせが来るものですよね。夏場であってもそれは同じですよね。そんな時でも慌てない為に、今回はお葬式での服装についてご紹介していきますね。。

今回は中でも、男性のワイシャツに特化してみました。夏の喪服はワイシャツだけでも大丈夫なのか。マナー違反になるのか。喪服のワイシャツの織柄は良いのか。ワイシャツの色は白と決まっていて白以外はだめなのか。

など、社会人になったら知っておいた方がいい常識をおさらいしておきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

喪服って夏なら男性はワイシャツだけでも大丈夫なの?

お葬式では、必ず上着を着用して出席するのがマナーです。

真夏だとしてもそれは変わらず、ワイシャツだけでの出席はマナー違反です。

式場などは、上着を着用する事を前提に考えているので、冷房が強めに入っている所も多いです。
なので、上着を着ていて暑くなってしまうという事も少ないですよ。

もちろん、式場以外では脱いでいても大丈夫です。
夏は暑いので、式典以外は脱いで過ごしましょう。

できれば、きちんとした夏用の喪服を一着持っておくのが、一番良いですね。
夏用の物は、生地も薄く作られているので、快適にいられます。

もし、あまり使わないから買いたくないなと思ったら普段使いもできる様な、真っ黒のスーツを購入しておくのがおすすめです。

 

普段使い用でも、真っ黒のスーツなら冠婚葬祭で使えて便利です。
ただ、注意しなければならないのは、明るめの黒のスーツもあるという事。

真っ黒の中に明るい黒だと意外と目立つので、買う時には気をつけましょう。

 

 

喪服のワイシャツで織柄はあり?

喪服で着用するワイシャツは、基本的に無地を着用する事が決まっています。

いくら色が白いワイシャツだとしても、ストライプの柄や襟にラインが入っているようなデザインシャツ、よく見なければわからない様な柄でも、柄があるワイシャツを着用する事はマナー違反になるので注意が必要です。

遠目で見てわからないような柄でも周りが皆、無地のワイシャツを着ていたら、結構目立ってしまうので気をつけましょう。

そして、襟にラインが入っているデザインのワイシャツはカジュアルシャツの扱いになりますので、お葬式で着用するには相応しくありません。
お葬式はあくまでもフォーマルな装いでという基本を忘れないようにしましょう。

結論としてはお葬式に出席する場合は、必ず無地のワイシャツで出席すると覚えておきましょう。

スポンサーリンク

喪服のワイシャツの色は決まってる?白以外でもいい?

お葬式で着用するワイシャツは、白色と決まっています。

それ以外の色のワイシャツでの出席は、非常識とみなされてしまいます。ネクタイや靴など、小物は黒で揃える事が多いので、ワイシャツも黒やグレーでも良いかと思われがちですが、ワイシャツは白色がマナーとされています。

言われてみれば黒のワイシャツを着て葬儀に参列している人なんて見たことないですもんね。

普段、着用しているワイシャツが近くで見なければわからないくらいのストライプ柄などでも、やめておいた方が良いです。
急な事で白いワイシャツがないなんて時も、コンビニや100均なんかでも買えますよ。

ただそう高いものでもないですし、いざという時に焦らないように白いワイシャツは一枚買っておいても無駄にはならないですよ。

それより同じ様な格好をしてる人がたくさんいる場などでは、顔に近いワイシャツが少しでも他の人と違っていると、結構目立っちゃいます。

非常識な人と思われない為にも、きちんとした格好で参列して下さい。

 

また、白色のワイシャツでもボタンには注意して下さい。
ワイシャツが白だとしても、ボタンが黒かったり、ボタンダウンなどの場合があります。

必ず、ボタンも白いワイシャツを選んで下さい。
ちなみに、ダブルカフスのワイシャツは白無地であれば、着用しても問題ないです。

ただその場合はボタンは黒を選ぶようにして下さい。

まとめ

白無地のシャツは一着持っておいた方が良いですね。

スーツを買う時に一緒に購入しておくのもいいかもしれません。
社会人になったら、いつ必要になるかわかりませんからね。

とっさの時に、人間性って出てきてしまうものです。
常識がない人だと思われない為にも、きちんとしたものを用意しておきましょう。

スポンサーリンク

コメント