新築の家に仏壇を置きたくないってあり?!仏壇や線香の代わりになるものって?!

仏壇

故人は供養したいけれど、仏壇を置かないというのは非常識になるのでしょうか。

最近では、お家の状況や金銭的な都合によって仏壇を置けない、置かないお家が増えています。あんまり人には聞けないですよね。

そこで今回は、新築の家に仏壇を置きたくない時はどうするか。仏壇の代わりになるものはあるのか。また、おしゃれな仏壇てあるのか。お線香の匂いについてなど探ってみました。

今はいろんな考え方があるので、仏壇も幅広いです。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

新築の家に仏壇を置きたくない時はどうする?

仏壇を置きたくない場合は、手元供養という供養の仕方があります。

手元供養とは、今までのしきたりや習慣は気にせずにご先祖様を偲ぶという供養です。故人の遺灰をペンダントに納めたり、遺骨を飾り物の中に入れて部屋に置いておく供養の仕方もあるのです。

この方法ならば、故人を偲びたい人がたくさんいても分骨をしてそれぞれの場所で供養が行えます。

そして、場所がなくて仏壇を置けない人にはミニ仏壇セットという物もあります。

最近では、小さめで見た目も普通の家具と変わらない様な仏壇が多くあります。

これなら洋風ベースの家庭や狭い部屋で仏壇を置くスペースがなくても、ちょっとした棚の上などに飾る事ができるので、置きたくても置けないという悩みも解決できます。

自分の生活環境に合った仏壇を選ぶのは大切な事です。

昨今、ご先祖様や故人を祀る方法はいろんな方法があります。
今までの仏壇には、あまりこだわらない考えが普及しています。

最近では、仏壇のない家庭がほとんどとなっているので仏壇が置けないことを引け目に感じる事は全くありません。

大切なのは、ご先祖様や故人に対しての気持ちなので形にこだわる必要はないのです。

仏壇の代わりになるものってある?おしゃれなのは?

最近では、和室があるお家が減っていて核家族化で小さめな住宅が増えましたよね。そうすると、仏壇を置く場所を確保するのも難しくなってきています。

そこで注目されているのが、現代仏壇。 現代の生活スタイルに合わせた仏壇です。

省エネスペースタイプ

壁掛け式の仏壇なので、省スペースで済みます。

小さな棚を利用

ちょっとした棚を利用して、位牌と遺骨を置いておくだけ。

写真立て風

故人の写真を飾っておく。

それぞれの思いが形になっています。
これが現代の仏壇の、飾り方なのです。

スポンサーリンク

家具スタイルの仏壇

一見仏壇とわからない様な仏壇が増えています。

昔のような黒くて大きな仏壇ではなく、普通に置いておいてもいい様な明るい仏壇で家具風の仏壇です。
選ぶ時も、自分の家の家具と合わせたりして選ぶことができます。

仏壇に合わせて仏具もずいぶん変化しています。

こちらも、自分の好みと予算に合わせて選ぶことができます。
基本的には花立、香炉、火立、茶湯器、仏飯器がセットになった仏具が多いです。

家具を買う感覚で仏壇から仏具まで、同じ雰囲気のものをトータルコーディネートしてみるのも良いかもしれません。

それぞれの思いが形になっています。

これが現代の仏壇の、飾り方なのです。
このような仏壇であれば、お家に置いても、違和感がなくなりそうです。

日本最大級の仏壇ポータルサイト「いい仏壇」

線香の匂いが苦手…代わりになるものは?

お線香とは、線のように細くした香のことを言います。

なので、お線香の香りがどうしても無理ならば、好きな香りのお香を代わりに使っても大丈夫です。

  • お香は、香りを楽しむための香。
  • お線香は、仏事などに使われる香。

と、一般的な認識ではなっていると思います。

しかし、お線香とお香は、基本的な原料や作り方などは全く同じなんです。
なので、お香をお線香の代わりとして使うのは、何の問題もありません。

そして、どうしてもお香特有の匂いがダメという場合はお線香の種類を変えてみるのも良いですね。

最近では、いろんな種類のお線香が出ています。
ミルキーやいちごミルク飴、ハッカ油、ココア、コーヒーなど、色んな香りのお線香がでているんです。

また、匂いが少なめなもの、煙の少ないもの、喘息に配慮したもの、消臭除菌効果の備長炭を使ったものもあります。

時代に合わせて、お線香も変わってきています。
なので、匂いが嫌だなと思ったら我慢せずに、いつも使っていたお線香を新しいものに変えてみるのも良いですね。

まとめ

ご先祖様をお祀りすることは、とても大事な事ですが、自分の生活を崩す様では、なかなか仏壇まで考えが至りません。

自分の生活スタイルに合わせた祀り方が、とても大切な事ですよね。無理はせずに、できる範囲でできることをするのが一番ですね。

スポンサーリンク

コメント